造営に際しての御挨拶

平素より崇敬者各位におかれましては、当大社に対し格別なる御崇敬をいただき篤く御礼申し上げます。
御祭神・宗像大神は、天照大神の神勅に基づき皇室国家の守護を使命に此の地に鎮座されました。この御由緒にふさわしい姿を後世に引き継ぐため、宗像大社平成ノ復興期成会が中心となり本年より三宮諸施設の再整備を行うこととなりました。
各位におかれましては。当大社の御神徳顕揚の意義を御理解頂きまして、格別の御協賛を切にお願い申し上げます。

宗像大社     
宮司 葦津 敬之

【事業内容】

  • 1、 概要

    第1次
    辺津宮本殿・拝殿、防災施設他
    ・工事期間 平成25年8月~平成26年12月
    第2次
    中津宮、第二・第三宮、他諸社殿
    第3次
    沖津宮・中津宮・辺津宮諸施設
  • 1、 期間

      平成25年~平成33年 (3ヶ年を1期とし、三次に分けて実施)

  • 2、 工事総額

      19億円

本殿

【募金要項】

  • 1、 奉賛金は神社の社頭等でお願いしていますが、郵便振替を御利用の場合は、2,000円よりお願い申し上げます。
       尚、御奉賛額に応じて記念品を授与しております。

  • 2、奉賛申込先

    郵便振替
    (加入者名) 宗像大社平成ノ復興期成会
    (口座番号) 01790-1-73183

【奉賛者待遇】

  御芳名は奉賛名簿に記載し、修復を終えた御本殿にお納め致します。

【お問い合せ】

  宗像大社 造営室
  電話番号 0940-62-1311

平成の大造営趣意書